なげやりスカイウェイブ

スズキのスクーター、スカイウェイブ400(CK44)のメンテ・カスタム日記です。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イグニッションスイッチの不具合

この不具合に関してはかなり以前から気付いていました。
2006年にあったリコールとは別の不具合です。


イグニッション関連の事なので記事として公開はしたくなかったのですが
スズキの見解は上記リコール以外での不具合は存在しないとの事なので
この不具合は私の車両だけの問題と判断して公開します。






不具合の詳細は

1.キー認証をせずイグニッションスイッチをONに出来る
但しキー認証は行われていないので電装関係が全て機能するだけで
エンジンの始動は出来ない(FIランプと液晶にCHECKが出てセル回らず)

2.キー認証をせずシートロック及びフロントトランクの解除が出来る


条件は「イグニッションスイッチがOFFの位置にある事」






イグニッションスイッチがOFFの状態でリモコンキーを携帯せず
スイッチを奥まで押し込みます(キー認証と同じ動作)

押し込んだままONの方へ力を入れつつ、押し込む力を徐々に緩めると
ある一定の位置でスルっとONにスイッチが入ります。
これでキルスイッチを入れたイグニッションONと同じ状態になります。
(エンジンは始動できないが電装は全て機能)


押し込みを徐々に緩めてONに入る位置が掴めたら、その位置から
もう一度キーを押し込んで、押し込みつつONに回せばシートロックが解除されます。
ONに回した状態を保持しながらフロントトランクのノブを引けば
フロントトランクが開きます。






防犯上この不具合はかなり危険です。
エンジン始動が出来ないとはいえ電装が全てONになったら
バッテリーは容易く上がってしまいます

シート下にキー閉じ込めてしまった時には役立つかもしれませんが…





対策としてはイグニッションスイッチをLOCKの位置にしておく事しかありません。
LOCKの位置にあればどうやってもキー認証無しでは回せません。


正直なところ、最初(新車の時)からこうだったんじゃないの?と思ってしまいます。
スイッチの稼動部が磨耗して…とか有り得るんでしょうか

個人的には致命的な欠陥としか思えませんが、自腹で直すしかなさそうです…




関連記事
スポンサーサイト

Comments

スカブのイグニッションSW 
作動が安定していない時がありますよね・・・

A-16さんが書かれている様な細かな分析はしてませんが・・・明日、やってみよ・・・汗
この現象は・・・ 
非常に気になる不具合ですね

大切な物を入れておいたら気になって仕方ありません。

消耗部品ではないのでメーカーのきちんとした対応が必要かと思いますけど
Re:スカブのイグニッションSW(07/08) 
T2 (空波とともに)さん



エンジン切った後やたらとロックまで早い時とかありますね…

それでもキーレスの便利さに慣れてしまったらもう戻れません(´Д`;)ヾ

Re:この現象は・・・(07/08) 
tomzuさん



やっぱり消耗品じゃないですよね…

もう1回販売店に掛け合ってみます。

Re:イグニッションスイッチの不具合(07/08) 
基本ロック位置で駐車しているので大丈夫とは思いますが、ヤバイ不具合ですね・・・



いい情報をありがとうございます^^
Re[1]:イグニッションスイッチの不具合(07/08) 
なぎ7さん



本当に自分の車両だけの問題なのか…確信を得る為にも

販売店とかで手当たり次第試してみたいんですけどね〜



でも駐車の基本はハンドルロックですからね

ロックにしておけばとりあえずは問題無いですし…


Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセス数
ブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村 日本ブログ村のランキングに参加しています。 気が向いたら押してやって下さい(*´Д`*)
プロフィール

A☆16

Author:A☆16
バイクを愛する30代後半の小僧です。

A☆16はエーじゅうろくではなく
「えーいちろー」と読んで下さい(´ω`)

FC2掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。