なげやりスカイウェイブ

スズキのスクーター、スカイウェイブ400(CK44)のメンテ・カスタム日記です。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基本メンテナンスその2

お次はスパークプラグの交換です。

スカイウェイブ(CK44)の標準プラグは
NGK:CR7E
DENSO:U22ESR-N

となっています。どちらのメーカーも一流ですから品質に間違いは無いでしょう
好きなほうを選べば良いと思います。
私は仕事柄、NGKさんと取引があるので個人的にもNGKプラグを使わせて頂いております
(安く入手できるってのが本当の理由ですが)




プラグを交換するには、まずシート下のカバーを外します。

正式名称ヘルメットボックスフロントカバー…長いw.jpg

赤丸で囲っている2箇所のクリップを外せばポコっと取れます。
クリップはプラスドライバーでクリっと捻ると頭が浮きますので、
そのまま真上に引き抜けば外す事が出来ます。


カバーを外したら、今度はシート横のクリップを外します。

クリップを外します.jpg

左右1箇所づつ止まってますので、両方とも外します。






今度はシート前のパネルを外します。
パズルみたいな感じになってますので写真を細かく撮ってます。

正式名称はフロントフレームカバーです.jpg

コイツを一旦後ろ(シート側)に引き抜きます。
結構力込めて「バキッ」と抜く感じです、勢いが大事ですw

一旦後ろに引き下げ.jpg


今度は前にスライドさせて取り外します

手前に押し出します.jpg



そうするとシート下にシリンダヘッドが見えてきます。

スパークプラグ交換.jpg

プラグキャップを丁寧に外します
乱暴にコード引っ張るとプラグコードを損傷する恐れがありますので
ちゃんとキャップを持って引き抜きましょう


キャップを抜いたらスパークプラグを外します。
プラグレンチは車載工具の中に入っているものを使っています。

車載工具.jpg

プラグレンチは90度に折れる作りになっていますが、
正直折れる場所が浅すぎて折れる意味があまり無いですw


私はラチェットレンチと組み合わせています。

プラグ取外し.jpg





外したプラグです
結構焼け気味ですね….jpg

うーん、だいぶ白いですね
これでも標準より熱価1つ上げてるんですが…


新品プラグ.jpg

今回変えるプラグは同じNGKのCR8EIXです。
いわゆるイリジウムプラグですね。
イリジウムだからどうだって訳ではないんですが…
正直プラグだけイリジウムに変わったところで私は変化に気がつかない自信がありますw


余裕があれば取付時にプラグのネジ山にスレッドコンパウンドを塗っておくとカジリ防止にイイかもしれません。
私は塗った事ないですが…


スパークプラグの取付は細心の注意を払って下さい。
ここのネジ山を潰してしまうと最悪ヘッド交換するハメになります。

とりあえずプラグレンチを手でつまんで回せるところまで回します
これ以上つまんだ状態では回せないってとこまで締めこみます

そこまで締めたらラチェット(又はスパナ)で180度回して終了です。
プラグキャップをしっかり奥まではめ込みましょう



カバー取付は取外しの逆手順です。


関連記事
スポンサーサイト

Comments

メンテ記事助かります 
プラグとエアクリを購入して3週間

放置したままです。w

この記事を見て交換作業やってみます。



今後もメンテ記事お願いします。^^
Re:メンテ記事助かります(02/27) 
tomzuさん



だいぶいい加減な記事ですが、参考にして頂ければ幸いです。

両方新品にすれば結構違いが出ると思いますね〜

頑張って下さい!


Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセス数
ブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村 日本ブログ村のランキングに参加しています。 気が向いたら押してやって下さい(*´Д`*)
プロフィール

A☆16

Author:A☆16
バイクを愛する30代後半の小僧です。

A☆16はエーじゅうろくではなく
「えーいちろー」と読んで下さい(´ω`)

FC2掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。