なげやりスカイウェイブ

スズキのスクーター、スカイウェイブ400(CK44)のメンテ・カスタム日記です。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

基本メンテナンスその2

お次はスパークプラグの交換です。

スカイウェイブ(CK44)の標準プラグは
NGK:CR7E
DENSO:U22ESR-N

となっています。どちらのメーカーも一流ですから品質に間違いは無いでしょう
好きなほうを選べば良いと思います。
私は仕事柄、NGKさんと取引があるので個人的にもNGKプラグを使わせて頂いております
(安く入手できるってのが本当の理由ですが)




プラグを交換するには、まずシート下のカバーを外します。

正式名称ヘルメットボックスフロントカバー…長いw.jpg

赤丸で囲っている2箇所のクリップを外せばポコっと取れます。
クリップはプラスドライバーでクリっと捻ると頭が浮きますので、
そのまま真上に引き抜けば外す事が出来ます。


カバーを外したら、今度はシート横のクリップを外します。

クリップを外します.jpg

左右1箇所づつ止まってますので、両方とも外します。






今度はシート前のパネルを外します。
パズルみたいな感じになってますので写真を細かく撮ってます。

正式名称はフロントフレームカバーです.jpg

コイツを一旦後ろ(シート側)に引き抜きます。
結構力込めて「バキッ」と抜く感じです、勢いが大事ですw

一旦後ろに引き下げ.jpg


今度は前にスライドさせて取り外します

手前に押し出します.jpg



そうするとシート下にシリンダヘッドが見えてきます。

スパークプラグ交換.jpg

プラグキャップを丁寧に外します
乱暴にコード引っ張るとプラグコードを損傷する恐れがありますので
ちゃんとキャップを持って引き抜きましょう


キャップを抜いたらスパークプラグを外します。
プラグレンチは車載工具の中に入っているものを使っています。

車載工具.jpg

プラグレンチは90度に折れる作りになっていますが、
正直折れる場所が浅すぎて折れる意味があまり無いですw


私はラチェットレンチと組み合わせています。

プラグ取外し.jpg





外したプラグです
結構焼け気味ですね….jpg

うーん、だいぶ白いですね
これでも標準より熱価1つ上げてるんですが…


新品プラグ.jpg

今回変えるプラグは同じNGKのCR8EIXです。
いわゆるイリジウムプラグですね。
イリジウムだからどうだって訳ではないんですが…
正直プラグだけイリジウムに変わったところで私は変化に気がつかない自信がありますw


余裕があれば取付時にプラグのネジ山にスレッドコンパウンドを塗っておくとカジリ防止にイイかもしれません。
私は塗った事ないですが…


スパークプラグの取付は細心の注意を払って下さい。
ここのネジ山を潰してしまうと最悪ヘッド交換するハメになります。

とりあえずプラグレンチを手でつまんで回せるところまで回します
これ以上つまんだ状態では回せないってとこまで締めこみます

そこまで締めたらラチェット(又はスパナ)で180度回して終了です。
プラグキャップをしっかり奥まではめ込みましょう



カバー取付は取外しの逆手順です。


スポンサーサイト

 

基本メンテナンスその1

今回はバイクのメンテナンスの基本でもある
エンジンオイル交換、スパークプラグ交換、エアクリーナー交換を
同時に行います。

たまたま交換の時期が一緒に来ただけで、毎回同時にやってる訳じゃありませんよ(´Д`;)ヾ


私の交換ペースとしては
オイル3000km、プラグ5000km、エアクリーナ10000kmあたりを
目安にしていますが、正直これの倍くらいでも良いんじゃないかなーとは思いますね…

一応メーカーの指定はオイル6000kmになっています。
プラグ、エアクリーナーは特に記載は無いです。目で見てダメなら交換しろ
っていうスタイルですw



前までオイル交換は赤男爵さんにお願いしちゃっていたのですが
(オイルリザーブしてたしね…)
毎回、オイルチェンジ警告灯を1500kmに設定されるんですよね…w
あれわざとやってんのかな…。それともリセット方法知らないだけかしら…


まぁそれが理由ってわけじゃないですが、前々回より自分でやるようになりました








まずはエンジンオイルの交換から…


オイルドレンボルトはセンタースタンドのちょい後ろにありますが、
まずオイルを抜く前にオイル注入口が開くかどうかをチェックしておきます。

オイル抜く時は閉めておきましょう.jpg

エンジンオイルに限った事ではないですが、
抜く前に入れられるかどうかを見ておいたほうが良いです。
抜いたは良いが入れられなかった、では自走する事すら出来なくなります。


オイルドレンボルトは17mmの六角です。
規定トルクで閉めてあるのであれば、それほど硬くは閉まってないハズです


抜いた瞬間にドップリ出てきますので気をつけて…

豪快にこぼしました….jpg
ハイ、こぼしました。スイマセン


ヤケドに注意です.jpg


全部抜けたらドレンボルトを締めましょう。
締付トルクは勘でも漏れなけりゃイイとは思いますが
一応、規定のトルクで締めます。23N・mです。

締付トルク.jpg

今回はドレンボルトも新品にしちゃいました。
ドレンボルトは毎回交換する必要は無いと思います。単なる自己満足です。

ちなみに23N・mって結構ユルいです。
えっ、こんなんでいいの?ガスケット全然潰れてないじゃん
って思うくらいです。

でも漏れないんですよね。こんなもんで。
なのでガスケット完全に潰れてたらオーバートルクです。が、
ネジ山ぶっ壊してなければオーバートルクでもイイと思います。











ドレンをキッチリ締めたら新しいオイルを注入します。
今回使用したオイルはNUTECさんのZZ-02です。
前回はZZ-03を入れてみて、結構イイ感じだったので今回はもうちょっと奮発しました。

評判のNUTECオイル.jpg


今回オイルフィルタは交換していないので
規定値は1.2リットルです。
ようするに0.8リットルも余ってしまう訳で…モッタイナイ(´Д⊂
やっぱりオイルも開封後はお早めにお召上がりくださいなんですかね?
それとも4-5ヶ月くらいなら全然平気なのかしら…


でも1.3リットル入れちゃいました.jpg


オイル入れたらエンジン掛けて漏れが無いかチェックします。
大丈夫であればエンジン止めて再度オイル量の点検して終了です。



 

基本メンテナンスその3

最後にエアクリーナーの交換です。

スカイウェイブ(CK44)の場合、エアクリーナは乾式なので
使い捨てです。その都度新品交換になりますが、多少の汚れならエアで吹き飛ばして
再利用でも良いんじゃないでしょうか


前回10000kmで交換した時はスンゴイ汚ねぇの出てきてビビリました
今回24000kmなので、14000km分の汚れを覚悟しています。


まずは先ほどプラグ交換で外したアレを同じように外します。

正式名称ヘルメットボックスフロントカバー…長いw.jpg



その真下にエアクリーナボックスが鎮座しております。

+ネジは3番ドライバーを使いましょう.jpg

赤丸で囲ったネジを外せばバコっと抜けるはずです。



さて、今回はどんなもんか……
























全然キレイですね….jpg

あれ…全然キレイだなこりゃ(;´Д`)
これで汚いと思ったアナタは実際汚れたエアクリーナ見たら即倒モノですw



このままフタしようか真剣に悩みましたが、折角なので交換しちゃいました

新品エアクリーナ.jpg

新品のエアクリーナにはダクトのようなものは付いて来ないので元々のを使い回します



あとは逆手順でフタして終了です。




オイル、プラグ、エアクリーナ交換して15kmほど走ってみましたが



そこまでやればさすがの私でも違いがしっかり分かります(´Д`;)ヾ
アイドリングの音も振動も落ち着きましたし、加速もスマートです。

次のオイルはNC-50にしてみようかしら…w


 

« »

02 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
アクセス数
ブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村 日本ブログ村のランキングに参加しています。 気が向いたら押してやって下さい(*´Д`*)
プロフィール

A☆16

Author:A☆16
バイクを愛する30代前半の小僧です。

A☆16はエーじゅうろくではなく
「えーいちろー」と読んで下さい(´ω`)

FC2掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。