なげやりスカイウェイブ

スズキのスクーター、スカイウェイブ400(CK44)のメンテ・カスタム日記です。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

ユーザー車検

いよいよスカイウェイブ3回目の車検が近づいてきたので
光軸調整含め車体を車検仕様にしておきました。






光軸の合格基準は

10m先の垂直な壁にハイビーム照射し
乗車した状態での車体のヘッドライトバルブの位置(体重65kgの場合、地面から約740mm)から

上方向に100mm以内
下方向は148mm以内(正確にはヘッドライトバルブの地面からの高さの20%以下)
左右はそれぞれ270mm以内


となっています

数年前は上方向の猶予は無かったような気がするんですが
今の基準では10cmまではOKになってるんですね





まず10m先の垂直な壁を見つけるのが難しい上に
10mも離れるとライトぼやけて軸が見えづらいので
ガレージ内のシャッターに照射して調整します。



光軸調整1

ヘッドライトからシャッターまでの距離はおよそ3.5mです。
距離が短ければ短いほど調整の精度が必要になります。
ホントは5mくらいの距離が良いんですけどね…



乗車時のヘッドライト高さ(740mm)から5%マイナスした703mmの位置にラインを引きました。
左右は車体中心からそれぞれ87.5mmがライト中心になります。





またK8以降のスカイウェイブは左右それぞれのライト光軸を測定しますので
片側ライトを隠した状態で左、右を単体で調整します。

K7は右ライト(ハイビーム側)のみの測定です。


光軸調整2


調整後のハイビーム(右)です。
グレアがどうとかは気にしないで下さい(汗

画像だと良くわかんないですね…
まぁ実際にもこんなもんだろう程度なんですが




あと引っかかるトコロはライトスイッチです。

imgd8beba68zikbzj.jpg


車検場で故意にライト消すような事をしない限り大丈夫だとは思いますが
念の為、ストッパーを付けて物理的にスイッチOFFに出来ないようにしておきます。



アクティブさんから販売されているライトスイッチストッパーを使用します。



こんなかんじ

fc2blog_20140802080947cb1.jpg


本来はアクティブ製スイッチキットの専用品なんですが
スズキ純正に寸法もバッチリで見事に収まります。


スクリーンも純正から変更してますが、これは指定部品なので
高さが変わっても問題ありません。
(タイプSにロングスクリーン付けても構造変更の必要はありません)

ハンドル変えてると幅で引っかかったりしますので注意しましょう。
ちなみに純正の全幅(ブレーキレバーの左先端から右先端まで)は760mmです。
±20mmまでなら構造変更は必要なしです。






で、いよいよ車検場へ持ち込みです。

今回は引越しして初回の春日部陸運での検査です。



fc2blog_2014080208100480c.jpg



まずはB棟7番で書類一式を購入し、検査代と重量税を支払います。

その後隣の窓口で自賠責保険の更新



書類に必要事項を書き込んでC棟15番の窓口に提出し、不備が無ければ検査コースへ



ユーザー車検は今回で3回目ですが、2年に1回しかやらないので
検査官には「初めてです」と言っておきます(汗


検査官のチェックは下回り(オイル漏れ等)とフレームナンバーの確認
マフラー変更による音量測定、灯火類の動作確認程度しか行いませんでした。

全高、幅、長さはノーチェックでしたね


その後機械による前後ブレーキ、スピードメータ、光軸、排ガスの順番で検査を行います。



気になる光軸は・・・

検査用のボックスがヘッドライト前に出てきて軸と光量の検査をします。

毎回検査中はドキドキです(笑)




結果は1発OK!



コースでの検査が完了したらまたC棟の15番へ書類を提出し、新しい車検証とシールを貰って終了


今回は第一ラウンド(受付8:45~)で予約とりましたが、終了時の時間は9:30でした。

1日有給取ったお陰でその後は有意義な休日を過ごせました(笑)
スポンサーサイト

 

リフレクター焼け

先日洗車している時に発見してしまったのですが
ヘッドライトのリフレクターが白く変色してしまいました・・・。







リフレクタ焼け

バルブ真上のV字の部分です。

クレバーライト35Wの時は3年経っても全然平気だったんですけどねぇ・・・
ワントラスト50W装着後約半年ってところでコレです。


完全に紫外線による焼けだったらどうにもなりませんが
ダメ元でバルブ穴から頑張って手突っ込んでマイクロファイバークロスでカラ拭きしてみました。








清掃後


意外と落ちますね・・・。
但し端のほうはどうやっても指が届かなかったので諦めました

割と落ちるので調子コイて拭いてたら左側のリフレクターが若干メッキ剥がれました(汗




これで様子見てまた変色するようなら35Wに戻そうかしら・・・
ヘッドライトASSYもヤフオクで探しておかなければ・・・

 

ブレーキランプがおかしい

最近になって気が付いたのですが








「フロントブレーキとリアブレーキで
ストップランプの明るさが微妙に違う」











という訳の分からん症状が出ています。





具体的に書くとフロントが若干暗い
ブレーキランプ×2、ハイマウントストップランプは全て点灯します(全てLED)
単純に輝度?がフロントとリアで違う感じ


すごい微妙な差ですが…


直接ブレーキランプを撮影したら全然違いが分からなかったので
シャッターに反射した明るさを比べてみました。





フロントブレーキにだけ、どこかで余計な抵抗が掛かってるような気がします。

配線はフロントもリアもほぼ同じ道を辿ってブレーキランプまで行っているハズなので
フロントだけ抵抗が掛かる場所となると…フロントブレーキスイッチくらいしか思い当たりません





ブレーキスイッチ



とりあえずスイッチを外し、フロントブレーキのランプ配線を短絡してみると
リアと同じ明るさで光りました。原因はスイッチで確定です。


スイッチ端子が少しサビていたので磨いてやりましたが改善はされず…
バラしてやろうかと思いましたがそんな大した値段でもない上に
現状でもランプが暗いだけで点かない訳ではないので
スイッチは元に戻し素直に新品を発注する事に。






と思ったら今日はバロンさん定休日だった(´Д⊂

 

追加配線の最適化

空燃比計を付けてからしばらく経ちますが
今更になって気付いた事が…




グリップヒーターをONにすると
ナゼか空燃比表示値が1.0ほど下がる(´Д`;)ヾ


グリップヒーター出力は5段階なのですが、1段下げるにつれ
徐々に空燃比も上がっていき…スイッチOFFで元に戻るという動き


サービスカプラから無理やりACC電源5分岐くらいさせてますので
電気的な負担がピンポイントで掛かってるのかしら…




というわけで空燃比アンプをリレー咬ませてバッテリー直配線に、
グリップヒーターもシグナルからヒューズ取出しにし
極力パワーソースの負担を下げてみる事にしました。






汚ねぇ配線.jpg


ホント見苦しい配線です('ω`;

バッテリーターミナルはすでに一杯一杯なので
メインヒューズからバッ直配線します。




ここでまた横着してしまいまして…
そのままプラス線外してすぐ端子付けて戻そうとしたのですが
プラス線のターミナルを緩める際、ドライバーがフロントブレーキマスターのバンジョーと接触…



結果は当然…

スパンッッ!という激しい破裂音と共に飛び散る火花
12Vとは言えショート時の威力は相当なものです。
見事なスパッタがバンジョーとドライバーに残りました(´Д⊂


スパッタ1.jpg


スパッタ2.jpg



ヒィィ〜…やっちまったぁ(´Д`;)ヾ
慌ててメインヒューズ及びヒューズボックスを確認…


切れてない。
ここで切れてないと逆にオソロシイです…




とりあえずドキドキしながらメインキーONで電装チェックするも
問題は見当たらず。ホッ…




作業再開する前にキチンとバッテリーのマイナスは外しておきました。
横着してはいけませんね…






配線最適化の結果、グリップヒーターの作動で空燃比計の数値が
動くことは無くなりました。


どの道最終的には同じバッテリーに繋がってるワケだし
配線変えたところでどうにもならねーんじゃねーの?とか思ってましたが
そういう訳でも無いんですね。




ちなみにヒューズからの電源取出しで使えるのは
パワーソース、シグナル、イグニッションの3つです(ワタシの場合)
ヘッドライトはHID装着車の場合、電源取出しはヤメておいたほうが無難です。
メーターヒューズは常時通電の為ここから電源取ってしまうと
メインスイッチOFFでも電源が切れないというマヌケな状態になってしまいますのでご注意を…



 

パーツリスト入手

前々から買おう買おうと思いつつも放置していたパーツリスト、
やっと入手できました。

AN400SK7(CK44A/K7)のパーツリストは既に持っているのですが
今回入手したのはAN400ZAK9、いわゆるCK45Aリミテッド用パーツリストです。



で、早速部品注文しました。









20111018192343.jpg

そうそうコレコレ。
コレが欲しかったんですよ。


って単体で見るとナニがなんだかよくわかりませんね…。


コレはグリップヒータースイッチ用のブラケットです。
深い事情により(単に安かっただけ)ホンダCB750用グリップヒーターを流用した為
スイッチは汎用ステーで取り付けていました。


グリップヒータ.JPG

これでもまぁいいんですが、走行中にスイッチ入れたくなった場合
ハンドルから手を放さないと届かないんですよね。

純正のステーだけ部品出ないかと色々探したんですが、全然見つからず…



で、最初からグリップヒーターの付いてるリミテッドならパーツリストに
載ってるんじゃないかと思った訳です。

本来オプション扱いのナックルバイザーやグリップヒーターの部品1点1点まで
バラで入手できるので持ってて損はないかと思います。





ブラケットを入手した後で気が付いたんですが


左ハンドルスイッチをヤマハに変えちゃってるんでした(´Д`;)ヾ
スイッチボックスのボルトにブラケットを共締めする関係上
スイッチそのものが違うと付くかどうか疑わしいです…



やってみてダメなら潔く諦めます(´Д⊂








ついでに…と言ってはなんですが
K9のクラッチシューアッシとクラッチハウジングも発注してみました。


20111018192143.jpg


CK44のクラッチシューは頻繁に変更かかってますね…。

私の知りうる限りでも
K7前期(21501-05H00)→K7後期(21501-05H01)→
K8(21501-05H10)→K9(21501-05H20)

と4回も変更されています。
現行のL1型でも変更されてるのかしら…



特にK7のクラッチは評判があまりよろしくないみたいですね
ワタシはK7に30000km程乗ってますが幸いな事にクラッチジャダーや
スベり、アウター焼けは1度も経験しておりません。
(街乗りメインですから…)


あえてK9用クラッチを入手したのは単純に興味本位です(*´Д`*)
無駄にならなければ良いのですが…





 

« »

03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アクセス数
ブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村 日本ブログ村のランキングに参加しています。 気が向いたら押してやって下さい(*´Д`*)
プロフィール

A☆16

Author:A☆16
バイクを愛する30代前半の小僧です。

A☆16はエーじゅうろくではなく
「えーいちろー」と読んで下さい(´ω`)

FC2掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。