なげやりスカイウェイブ

スズキのスクーター、スカイウェイブ400(CK44)のメンテ・カスタム日記です。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

HIDとポジションランプ交換

ココ最近、全然スカイウェイブに乗れてなくて

ここ半年で2回くらい・・・かな、乗ったの・・・







ようやく落ち着いてきたので通勤で使うようになったのですが
気づいたらポジションが片側切れてる(汗








これはイカン、と即日ポチっと購入

それと前回の車検でヘッドライト(HID)が光量不足で落とされるという苦い経験があったので
(結局ハロゲンに戻して通過w)
ついでにHIDも交換してしまおう!









と言うわけで早速到着

image3.jpeg



今回は50Wタイプにしてみました。
今まで薄型バラストしか使った事が無かったので異様にゴツく見えるw




バラストはHYLUXTEKのA0050ですが、ASIC正規品は9V~32Vだそうで。
コイツは9V~16V表記なのでパチモノなのかしら?



なんにせよかなり明るくなったので良しとします。
(写真は撮ってないです・・・)














で、今回のメインのポジションランプ




fc2blog_201401202043404ba.jpg

コレがお亡くなりになったヤツですね。


たしか3年前くらいに買ったのかな・・・、ここまで持てば満足です。









今回購入したヤツはコレ


image.jpeg


3Wの基盤ベースタイプです。





これはあくまで個人的な意見ですが、ポジションに使われている
いわゆる「T10ウェッジ球」をLEDに変更する際

ウェッジベースが樹脂タイプのものは短期間で接触不良起こす可能性が高い気がします。

image2_1.jpg
こういうやつ


良いモノは良いんでしょうけど、私の経験上では半年も持ちません。
(早い時は数週間で切れた事も)




なので私は必ず基盤ベースタイプを選ぶようにしています。

















ササっと取り付けて点灯チェック


fc2blog_201401202045552e4.jpg


3Wってのがどの程度なのかよく分かってませんが
ポジションのみ点灯でも結構な明るさがあります。
(ウインカーポジションより目立ってますね・・・)



これも3年くらい持ってくれると嬉しいんですけどねぇ
スポンサーサイト

 

ウインカー球交換

先日通勤の際、
たまたま交差点で対向から右折待ちしていた同じ会社の人から
(行き先は一緒なので自分は左折)

『ウインカーが出てるのかどうかよく分からん』
と言われてしまい…



より視認性の高いウインカー球へ交換する事にしました





Flux18連

これが今まで付けていたウインカー球
Flux18連です。
これでも明るさは充分と思ってたんですけどね〜…
なんだかんだで3年以上お世話になりました。



ちなみに点灯時はこんな感じ

Flux18連点灯(ライト有り)

今更ですが室外で撮影しないと意味なかったですね…






今回は3chipSMD27連のウインカー球にしてみました

3chipSMD27連


装着した見た目はFluxのほうが好みなんですけどね〜

Flux18連外観 3chipSMD27連外観











点灯すると…






3chipSMD27連点灯(ライト有り)


ん〜…?差が分かりにくい…











並べて置くと

Flux18連点灯(ライト有り) 3chipSMD27連点灯(ライト有り)

こんな感じ



確かに明るくはなりましたが
思っていたよりは変化少ないですね

日中の野外だともっと違いがハッキリするのかな…?


 

灯火類LED交換用メモ

44型スカイウェイブの灯火類のバルブ形状です。
LEDに交換する際の参考になれば…




S25〜はガラス球のサイズ、BAY〜は口金の形状を指しています。
詳しくは小糸製作所さんのサイトを参照して下さい。



フロントウインカー
S25d/BAY15dダブル球(ピン角180°)


リアウインカー
S25s/BAU15sシングル球(ピン角違い150°)

※差込口のピン角は対角(180°)では無く150°です
規格BAU15sであれば間違いありませんが
180°形状の物は装着不可ですので注意して下さい。


リアブレーキ(尾灯)
S25d/BAY15dダブル球(ピン角180°)

※フロントウインカーと同形状です。


ポジション
T10ウェッジ球


ナンバー灯
T10ウェッジ球
(但しスペース的に全長30mmが限度)


トランクルームランプ球
全長28mm
(但し31mmまでなら金具を曲げる事で装着は可能)
LED基盤を中に入れる場合、スペース的に45mm×25mmが限度





ついで…と言ってはなんですが
ウィンカーをLED化するのに必須とも言えるICウィンカーリレーについて


純正のウィンカーリレーはヒューズボックスの隣に存在します。
サイドスタンドリレー一体型の7PINリレーになっています。

その為、単純にリレーそのものを交換するのではなく
ターンシグナルリレーに繋がっている2本の配線を
新たに追加したICウィンカーリレーに繋ぎなおす必要があります。

純正ウィンカーリレー.JPG


リレーの配線図です。
この図で言う「F」がマイナス線、いわゆるウィンカー信号線です。
K7(CK44)だと配線色はLbl(空色)です。

「G」がプラス線、いわゆるウィンカー電源線です。
K7(CK44)だと配線色はO/G(オレンジ/緑)になります。

※配線色は年式、形式によって違う場合があります。あまりアテにしないで下さい(´Д`;)ヾ


このF、及びGの配線を引っこ抜き、ICウインカーリレーに正しく接続する必要があります。
まぁ大抵のICリレーには接続の説明書きがあると思いますが…


私が最初に使っていたICリレーはイーリバースさんのモノで
ONスタートの点滅間隔固定タイプでした。

ONスタートとはウィンカーを作動させた時、必ずウィンカーが点灯から始まるタイプの事です。
通常のウィンカーリレーの点滅信号はウィンカーを出す/出さない関係なく常に動いているので
ウィンカー出すタイミングによってはOFFから始まる場合があります
(要するにウィンカー出してもワンテンポ遅れて点滅が始まる)

ほんの一瞬ですが自分がウィンカー出してるにも関わらず実際にウィンカーが点いていないのは結構アブないと思うんですよね…


ただ、このイーリバースさんのICリレーはウィンカー点滅中はインジゲータが
「点・滅」ではなく「点・暗点」になります。(ウィンカー消せば完全に消えますが)
この動きがどうも気に入らなくて…






結局今はM&HマツシマさんのICリレーを使用しています。
特に明記はされていませんが、このリレーもONスタートになっています。

配線に関してもパッケージ、及びサイトで詳しく書かれてますので親切です。


またアース線の付いているリレーの場合はしっかりアース取らないと不安定な動きになりますので注意して下さい。

 

グローブボックス内に照明設置

スカイウェイブはシート下トランクに照明が付いていますが
フロントトランクには付いていません。


結構明かりが必要な時って無いですか?
純正で付けりゃいいのに…と思うのはワタシだけでしょうか






と言うわけで今回はグローブボックス内に照明を取り付けたいと思います。













使用したのはSMDチップ8連の汎用ルームランプです。
例によって某オークションですが、1個580円即決の投売りでした。
とりあえず2個入手してグローブボックスの左右に配置します。

ルームランプLED.jpg


裏面がこんな感じ

イケてない裏面.jpg

だいぶテキトーな仕上がりですw
配線の上から両面テープ貼られちゃってるので
平らじゃなくなってます(´Д`;)ヾ

これじゃうまく貼りつかない可能性が高いので
カッターで配線部分のみカットし手直しします

裏面加工後.jpg




あとは配線です。この類いの照明を付ける場合
バッテリー直配線が基本ですが、私の場合すでにバッテリ直配線が多すぎて
すでにターミナルのボルト長限界に達していますので、これ以上増やせません

そこで…LED照明じゃそんなに電気食わねぇだろうと思い
エーモンさんの12V電源ボックスを使用しました

割と便利です.jpg

ただコイツはコイン電池(CR2032)を4個も使いやがるので
正直コストは悪いです…


ついでなんでON/OFFスイッチもエーモンさんのやつにしておきます。
最初はマグネットスイッチを使ってグローブボックスを開けた時だけ
勝手に光るようにしていたのですが、半年も経たずに成仏してしまい
以後、確実なプッシュスイッチを使用しています。



スイッチと12V電源をグローブボックス内に設置します

汚ねぇグローブボックスですみません.jpg



あとはグローブボックス左右上部に貼り付けたLEDと接続して終了です。

結構明るい.jpg


改めて見るとすげえ中グッチャグチャだなぁw

うん、結構明るいですねぇ
だた電源がコイン電池なので、どのくらい持つか不安ですが…
まぁそんなに頻繁に使うものでもないので大丈夫かな(*´Д`*)




 

ウインカースイッチ

前回右ハンドルスイッチをハヤブサ用に換装した際
ライトスイッチと引換えにハザードスイッチを失ってしまった訳ですが

今回、ハザードスイッチを復活させるべく
「ハザードスイッチの付いた左ハンドルスイッチに換装」を行います
なんかもうムチャクチャですねw

私の調べた限りではヤマハとカワサキは左にハザード
ホンダ、スズキは右にハザードが付くパターンが多いようです
(ヤマハでも右に付いてる場合もありますが)



と言うわけで、今回私が狙いを定めたのは


ヤマハ、YZF-R6の2007年モデル(ヨーロッパ仕様)
どうもSS系から流用したがる傾向がありますw

やっぱりコレもカナダ仕様とヨーロッパ仕様が存在し、カナダ仕様には
ハザードスイッチはおろかパッシングスイッチすら存在しないというシロモノです

DSC01699.jpg
スカイウェイブ純正と比較してみたの図

ちなみに品番は2C0-83969-00 スイッチ,ハンドル5
お値段¥6017です。


今回さすがにメーカーが違うのでポン付けという訳にはいきません

DSC01700.jpg
純正は13Pカプラ[オス]ですが(黄色いほう)YZFは10Pカプラ[メス]です

なんでこんな線の数が違うのかというと…
ウィンカーポジションが在るか無いかの違いです。

純正スイッチは左ウインカーを出した時、左ウインカー点滅信号を出すと同時に左ポジションの電気をカットする回路になっています
ウインカー出した時にポジションがカットできないと、ウインカーが「点滅」ではなく「明暗」になってしまい
保安基準に適合せず、視認性も悪化するので危険な状態です。
今回交換するYZF-R6のウインカースイッチにはその回路がありません。

ウィンカーポジションを諦めて点灯させないか、配線加工でなんとかする必要があります
まぁなんとかするんですけどね…


まずはカプラ形状が違うので変換ハーネスを作ってやる必要があります。
例によってカプラの調達は配線COMさんです。
13P(090型)-住友MTシリーズオス端子側カプラーキット
10P(090型)-住友HMシリーズメス端子側カプラーキット
この2つがあれば事足りるはずです。

スカイウェイブ(CK44/K7)のカプラ配線は…
13Pカプラ.jpg
黒:左ウィンカー信号
空:ウィンカー電源
若葉:右ウィンカー信号
黒/青:ホーン
黒/白:アース(ホーン用)
黄,橙/赤:HIビーム電源
桃:ウィンカーポジション電源
濃茶:左ウィンカーポジション信号
濃緑:右ウィンカーポジション信号
黒/赤,黒/緑:ブレーキスイッチ
白:Lowビーム用予備配線

この内、白配線だけは本体側メインハーネスに繋がっていないので無視します
(メインハーネス側カプラに何も刺さってない)
※これは片目点灯仕様(K7)の配線です。両目点灯の場合違う可能性があります


続いてYZF-R6のカプラ配線
10Pカプラ2.jpg
赤/黄,黄:HIビーム電源
茶:ホーン
茶/白:ウィンカー電源
濃緑:右ウィンカー信号
濃茶:左ウィンカー信号
黄/白:パッシング信号
黄/黒,黄/青:クラッチスイッチ
黒:ホーン用アース?

カプラの黒だけはスイッチの中を通らず平端子になっています。
良く分かりませんが無視しましたw

あとは対応する線を繋げていけばいいのですが
問題はウィンカーポジションです。
スカイウェイブはウィンカースイッチ接点が6個もあるおかげでポジション機能を作動できますが、YZFは接点が3個しかありません。
ポジション機能を作動させるにはウィンカーOFF時に導通があり、且つウィンカー出した時だけ電気を遮断する接点が必要になります。

ここで思いつくのはB接点リレーです。ウィンカー信号線にB接点リレーを挟み
ウインカー出した時だけ電気をカットする
しかしそれだけではキッチリ作動しません。

ウィンカー信号線はウィンカーリレーを経由していますので「点滅信号」しか送れません
ウインカーが光った時(点)はB接点リレーが作動し、ポジション電源をカットしますが
消えた時(滅)は当然…ポジション電源も入り、実際にウィンカーは消えず
ポジションと同じ明るさで点いてしまいます。
要するにウィンカーは点滅せず、点・暗になるという事です


そこで!
ウインカーが点滅する、「滅」時のみ(時間にして1秒程度でしょうか)リレーコイルに電気を流すことが出来るコンデンサーを接続します。
コンデンサとは一時的に電気を蓄え、放出してくれる便利なヤツです。

コンデンサ2.jpg

電気詳しくない人はもう訳わかんねぇよって感じですかね…
まぁ自分もそうでしたが自分でやってみないと覚えないモンですね

コイツをリレーコイルの配線へ並列に接続します。
左と右で1個づつ、計2個使用します。


ここまでやって、やっと変換ハーネスの作成が終了です
ハーネス改.jpg


ハンドルに装着する際、周り止めのポッチの位置が純正と全く違う為
新たに穴を開けるか、ポッチを削り取る必要があります。

私はハンドルに穴開けましたが、穴位置が真下になるので非常にやりにくかったですヽ(;´Д`)ノ



DSC01703.jpg

まぁまぁ、違和感無く納まってるんじゃないでしょうか
慣れないとハザード押しにくいですw


 

« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセス数
ブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村 日本ブログ村のランキングに参加しています。 気が向いたら押してやって下さい(*´Д`*)
プロフィール

A☆16

Author:A☆16
バイクを愛する30代前半の小僧です。

A☆16はエーじゅうろくではなく
「えーいちろー」と読んで下さい(´ω`)

FC2掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。