なげやりスカイウェイブ

スズキのスクーター、スカイウェイブ400(CK44)のメンテ・カスタム日記です。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

年末最後のメンテナンス

早いもので今年も残すところあと1日となりました。


今年は全然バイク乗れなかった・・・
年間で3000kmも乗ってないですね

数年前までは月1000km乗っていたのに´д` ;



ブログの更新も、この記事入れてたった10件という有り様

来年はもうちょっと頑張ろう・・・










さて、今年も年末最後のメンテナンスとしてオイル(フィルター含む)・プラグ交換を行いました。
前回オイル替えたのは約1年前ですが
そこから2700kmしか乗ってません(笑)

フィルターに関しては2年前に替えてそのままです。





ささっと終わらせてひと段落・・・


そこで目に付くコイツ




ブレーキングのリアローターですね
確か2年くらい前に購入したブツ。
メンドクサイという理由で放ったらかし´д` ;



やるなら今しかないな・・・








という訳で重い腰を上げ作業開始







いきなりですがタイヤ外した状態です。
外装外す必要が無いので駆動系バラすよりかは楽ですね

注意するのはキャリパー外す前にリアアクスルナット緩めておかないと
2度手間になるって事くらい(フルブレーキ効かせないとホイールごと回っちゃう)

ええ、実際やりましたよ・・・









外したホイールがこちら






古いローター外してついでのレタリング











40000km走ったリアローター



縁の段付きが酷いです。
ここまで段が付くとリアキャリパーが素直に外れてくれず、結構苦労します。

苦労して外した上にまた付け直して外すのは相当な労力を使っています(笑)






ホイール外したついでなんでスイングアーム(?)のベアリングも交換









組み付けはいつものように逆手順(汗




特に写真撮っていませんが
ローター交換なのでパッドも同時交換しています。




リアローターはフロントローター交換に比べると変化は大分薄いですね

ローターが減ってないならワザワザ替えるほどの価値は無いような気がします





ベアリング交換の効果か、押し歩きは結構軽くなりました。





あとはバッテリー充電しながら年越しですね



月一更新も出来ないこんなブログですが
読んで下さりありがとうございました。
(来年は頑張る”予定”ですので・・・)


それでは皆様、来年もよろしくお願い致します。
良いお年を。
スポンサーサイト

 

ワークベンチ設置

ガレージにいずれは置きたいと思っていた設備の一つがワークベンチ(作業台)でした。

アストロプロダクツのワークベンチなんかお手頃な価格で良いんですが
色が赤しか無いんですよねぇ・・・。


アストロワークベンチ

あと実際見てみると、チョット耐久性に不安を感じてしまいました。


コストコのも見ましたがアレは逆にゴツすぎてデカい・・・(汗
値段はとても良心的なんですけどネ





なんだかんだ悩んだ末に決めたのがコレ





ファクトリーギアワークベンチ

ファクトリーギアのワークベンチです。
値段は少し張りますがブラック仕様があるというのが完全に決め手です。
ていうか見た目だけで選びました。

店頭で購入しましたがこんなモン持って帰れないし(そもそも店頭で在庫してない)
送料も無料だったので後日配送にして頂きました。


数日後に西濃のドライバーさんが一人で持ってきましたが、とにかく糞重いw
降ろすのだけで相当に疲れました。




組み立てに関しては、まぁそれなりの精度にはなっているようです。
ハナから国産並みの精度は期待していませんでしたが
ボルト穴が合わないとかはありませんでした。
バックパネルが微妙に曲がって付いたとか、ステーが足りないとかはありましたが…
(足りないステーに関しては電話したら即日発送して頂けました)

接合部1箇所に対しボルトナットで8本止めという割とマゾいしっかりした造りですので
手締めだと結構な労力と時間を使う事になります。


インパクト使ってだいたい3時間程かかりました。
2人以上居れば1時間くらいで出来上がると思われます。






と言うわけで完成した姿がコチラ







IMG_4335.jpg

工具の壁掛けも一度はやって見たかったのよねぇ…
使いやすいかどうかは別として、見栄えは良くなりますね





IMG_4336.jpg

ただワークベンチ上の工具配置もセンス問われますね…
適当にフック掛けてるだけだとゴチャゴチャして美しくない…



ここまでやっといてなんですがハッキリ言って少し乱雑なくらいが作業はしやすいです
職場でも作業台での仕事していますが、こんなにキッチリ工具並んでる状態なんてほぼありえませんw

ま、仕事と趣味は全く違いますからネ…

 

SDS買ってみた

タイトル通りなんですが、SDS(スズキダイアグノーシスシステム)購入してみました。

今んとこ特に必要性は無いので完全に興味本位です。




fc2blog_20140915133308323.jpg


前の記事にインストールCDが注文不可とか書いてましたが
普通にSDSセットに付属してました。
今時8cmCDってのが驚きですが(笑)

PC⇔SDS間はPC側がUSB(A端子)、SDS側がUSB(B端子)
SDS⇔車体間はSDS側がシリアルポート(RS-232)、車体側が090型防水カプラ6Pで接続します。


fc2blog_20140915133336bc7.jpg



この接続したPCは2002年製の化石VAIO(汗)でたまにフリーズする癖があり
車体接続時の通信初期化中にフリーズしたら一体どうなってしまうんだろうと
ドキドキしながら繋ぎましたが幸い固まる事はありませんでした。


とりあえず接続し過去のダイアグコードを表示してみました。

SDS4.png

過去に出したコードは6個ですが、内4個は意図的にセンサー引っこ抜いて出したFIエラーですw
(確か空燃比計取付の時)
SDS上で消去しない限りずっと残ってるんですね

ここで分かったのは、スカイウェイブでのエラーコード表示で代表とも言える
C28「セカンダリスロットルバルブアクチュエータ(STVA)回路の故障」でも

SDS上では「セカンダリスロットルアクチュエータ位置センサ系統異常」と表示されている事です。
つまりセカンダリポジションセンサをピンポイントで指摘しています。

※サービスマニュアル上ではセカンダリスロットルアクチュエータ位置センサ系統異常の場合
 エラーコード「C29」と表示されるハズなんですが、私はエラーコードC29は見たことがありません。
 この時も車体側では「C28」を表示していました。




あとはロガー機能とかもついてますが
PCに接続してる必要があるのでシャーシダイナモでも無いと走行データのログは取れません


SDS5.png


とりあえず色々試してみましたが、結論から言うと
あんまりお世話にはなりたくないアイテムですね(汗

 

ユーザー車検

いよいよスカイウェイブ3回目の車検が近づいてきたので
光軸調整含め車体を車検仕様にしておきました。






光軸の合格基準は

10m先の垂直な壁にハイビーム照射し
乗車した状態での車体のヘッドライトバルブの位置(体重65kgの場合、地面から約740mm)から

上方向に100mm以内
下方向は148mm以内(正確にはヘッドライトバルブの地面からの高さの20%以下)
左右はそれぞれ270mm以内


となっています

数年前は上方向の猶予は無かったような気がするんですが
今の基準では10cmまではOKになってるんですね





まず10m先の垂直な壁を見つけるのが難しい上に
10mも離れるとライトぼやけて軸が見えづらいので
ガレージ内のシャッターに照射して調整します。



光軸調整1

ヘッドライトからシャッターまでの距離はおよそ3.5mです。
距離が短ければ短いほど調整の精度が必要になります。
ホントは5mくらいの距離が良いんですけどね…



乗車時のヘッドライト高さ(740mm)から5%マイナスした703mmの位置にラインを引きました。
左右は車体中心からそれぞれ87.5mmがライト中心になります。





またK8以降のスカイウェイブは左右それぞれのライト光軸を測定しますので
片側ライトを隠した状態で左、右を単体で調整します。

K7は右ライト(ハイビーム側)のみの測定です。


光軸調整2


調整後のハイビーム(右)です。
グレアがどうとかは気にしないで下さい(汗

画像だと良くわかんないですね…
まぁ実際にもこんなもんだろう程度なんですが




あと引っかかるトコロはライトスイッチです。

imgd8beba68zikbzj.jpg


車検場で故意にライト消すような事をしない限り大丈夫だとは思いますが
念の為、ストッパーを付けて物理的にスイッチOFFに出来ないようにしておきます。



アクティブさんから販売されているライトスイッチストッパーを使用します。



こんなかんじ

fc2blog_20140802080947cb1.jpg


本来はアクティブ製スイッチキットの専用品なんですが
スズキ純正に寸法もバッチリで見事に収まります。


スクリーンも純正から変更してますが、これは指定部品なので
高さが変わっても問題ありません。
(タイプSにロングスクリーン付けても構造変更の必要はありません)

ハンドル変えてると幅で引っかかったりしますので注意しましょう。
ちなみに純正の全幅(ブレーキレバーの左先端から右先端まで)は760mmです。
±20mmまでなら構造変更は必要なしです。






で、いよいよ車検場へ持ち込みです。

今回は引越しして初回の春日部陸運での検査です。



fc2blog_2014080208100480c.jpg



まずはB棟7番で書類一式を購入し、検査代と重量税を支払います。

その後隣の窓口で自賠責保険の更新



書類に必要事項を書き込んでC棟15番の窓口に提出し、不備が無ければ検査コースへ



ユーザー車検は今回で3回目ですが、2年に1回しかやらないので
検査官には「初めてです」と言っておきます(汗


検査官のチェックは下回り(オイル漏れ等)とフレームナンバーの確認
マフラー変更による音量測定、灯火類の動作確認程度しか行いませんでした。

全高、幅、長さはノーチェックでしたね


その後機械による前後ブレーキ、スピードメータ、光軸、排ガスの順番で検査を行います。



気になる光軸は・・・

検査用のボックスがヘッドライト前に出てきて軸と光量の検査をします。

毎回検査中はドキドキです(笑)




結果は1発OK!



コースでの検査が完了したらまたC棟の15番へ書類を提出し、新しい車検証とシールを貰って終了


今回は第一ラウンド(受付8:45~)で予約とりましたが、終了時の時間は9:30でした。

1日有給取ったお陰でその後は有意義な休日を過ごせました(笑)

 

リフレクター焼け

先日洗車している時に発見してしまったのですが
ヘッドライトのリフレクターが白く変色してしまいました・・・。







リフレクタ焼け

バルブ真上のV字の部分です。

クレバーライト35Wの時は3年経っても全然平気だったんですけどねぇ・・・
ワントラスト50W装着後約半年ってところでコレです。


完全に紫外線による焼けだったらどうにもなりませんが
ダメ元でバルブ穴から頑張って手突っ込んでマイクロファイバークロスでカラ拭きしてみました。








清掃後


意外と落ちますね・・・。
但し端のほうはどうやっても指が届かなかったので諦めました

割と落ちるので調子コイて拭いてたら左側のリフレクターが若干メッキ剥がれました(汗




これで様子見てまた変色するようなら35Wに戻そうかしら・・・
ヘッドライトASSYもヤフオクで探しておかなければ・・・

 

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセス数
ブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村 日本ブログ村のランキングに参加しています。 気が向いたら押してやって下さい(*´Д`*)
プロフィール

A☆16

Author:A☆16
バイクを愛する30代前半の小僧です。

A☆16はエーじゅうろくではなく
「えーいちろー」と読んで下さい(´ω`)

FC2掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。